共同作業

| コメント(0) | トラックバック(0)
今しがたうちの監督さんが、昨日竣工した工事の完成書類なるものを
発注当局へ持って参りました。

工事施工完了から二日。
やっと発注者からの要望にお応えする事が出来て
これで人並みなのかしら。
工事の完成書類なるものは
日々の工事の記録の積み重ねなので
現場施工が終われば、同時に出来上がってしかるべき
というのが、発注当局からよく伺う言葉です。

言われてみればその通りで、日々の進捗に合わせて
それらをその日その日に完成させていれば
何も苦も無く完成するわけで。

と、理屈では問題なく行きそうなのですが
実際には世の中そうは甘くありません。

同時進行している他の工事の面倒を見ながら
新たな工事を探し求めて
尚且つ日々纏めた書類を順序だてて整頓し
注釈を付けて相手方に理解を深めていただけるように工夫を凝らし...。


今回、過去の色々な反省を生かし
「共同作業」に秘かに取り組んでみました。

全体行程の管理を裏から支え
手の回らない作業を見出してサポートし
纏め途中の書類を随時チェックして。

一人で抱え込まないように
そして、広い視野でより上質な書類が出来るように

時に第三者、時に裏方として関わって参りました。

以前、私が主体に書類作成をしていた頃には
他人の手を借りると、その説明を行う分だけ進捗が遅れる という危惧から
全てを抱え込んで徹夜作業 なんてこともしばしばしておりました。
そして今、監督さんが書類作成をしている際には
邪魔にならないように「手伝える事があったら言ってね」 と申上げておりました。

考えてみれば、この「言ってね」こそが作業の主人公にとっては邪魔な存在なのですよね。

ということで、今回の取り組み。

「手伝うという事は、自分で作業を見つけてこっそりやっちゃう」

我ながら妙案だと自負してやってみましたが、果たして彼には一体どのように映ったのでしょうか。

竣工から二日で成果品を提出できた実績には、私の取組みは反映されたのでしょうか。


いつか落ち着いた時に伺ってみようと思います。
それまでは、こっそり作業 続けてみます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ryueigumi.dip.jp/blog/mt-tb.cgi/1069

コメントする

2013年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.02

このブログ記事について

このページは、でんちが2012年11月21日 17:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あら、うっかり。」です。

次のブログ記事は「雑感」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。